インプラント

当院のインプラント治療の特徴

インプラントとは?

インプラントとは?

インプラントは、歯が抜けてしまったときの治療法の一つで、歯を支えていた骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。
治療法は確立されており、様々なメリットがありますが、場合によっては入れ歯やブリッジといった他の選択肢の方が良いこともあります。
当院では、メリットもデメリットも説明させて頂き、患者さまが納得された場合にインプラント治療を行うようにしています。

デメリットをしっかりと説明します。

インプラントのメリットは多くの方に知られるようになってきましたが、デメリットまでしっかりと把握した上で治療を受けて頂く必要があります。そのため、当院ではあえてデメリットをしっかりと説明することを心がけております。

年齢、他の歯、噛み合わせを考え、提案いたします。

年齢、他の歯、噛み合わせを考え、提案いたします。

せっかくインプラント治療を受けるなら、できるだけ長く使って頂きたい。また同じようなお悩みを抱えて頂きたくない。そのため当院では、年齢、他の歯の状態、噛み合わせなど、様々な要素を総合的に判断して、その患者さまにとって本当にインプラントが一番良い選択肢なのかどうかを見極めるようにしています。

アフターケアまでしっかりと行っています。

インプラントは、治療が終わればそれでおしまいというわけではありません。治療後は、しっかりとクリーニングや歯磨きを続けていかなければ、歯周病でインプラントを支えている骨が溶けてしまったり、他の歯も抜けてしまったりすることになります。せっかく入れたインプラントをできるだけ長く使うためにも、他の歯を守るためにも、治療後のメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

骨が少ない方には、ソケットリフトを実施します。

生まれつき、もしくは歯周病の進行によって上の顎の骨が薄い方には、インプラントを埋め込むことができません。当院では、そういった方には、骨補填材などを移植することでインプラントを埋め込むための十分な骨を確保する「ソケットリフト」を実施しています。他院で、骨が足りないからインプラントはできないと断られてしまった方も、ぜひ当院へご相談頂ければと思います。

1本目が重要

1本目が重要

インプラント治療をするということは、歯を失ってしまったということです。つまり、外傷の場合を除けば、虫歯・歯周病・噛み合わせなどに問題があるということですので、そのままの1本だけインプラントを入れても、2本目3本目もまた抜けてしまう可能性が高いでしょう。当院では、このように将来インプラントをする可能性が高い歯のことを「インプラント予備軍」と呼んでいます。
インプラント予備軍が実際に抜けてしまったときに、再度インプラントを入れるとなると、経済的な負担も身体的な負担もどんどん膨らんでいってしまいます。1本目はインプラントにして、2本目は入れ歯にするということは基本的にはありません。そのため、現在の年齢や他の残っている歯の状態まで考えて、本当にインプラントを選択するのかどうかを考えて頂く必要があるのです。
また、もちろん歯磨きや噛み合わせの改善もしっかりと行わなければ、インプラントを入れてもその効果は長持ちしないでしょう。当院では、こういった「そもそも歯が抜けてしまった原因」をしっかりと解消してから、インプラント治療を行うようにしています。

インプラントのメリット/デメリット

メリット

歯を削る必要がない

ブリッジは隣の健康な歯を削る必要がありますが、インプラント治療は残っている歯を削る必要はありません。

残っている歯への負担が少ない

ブリッジは残っている歯に大きな力がかかり続け、歯の寿命そのものが短くなってしまうことがあります。しかし、インプラントの場合はそのような心配がありません。

しっかり噛むことができる

インプラントは、歯の根っこを顎の骨に固定します。入れ歯やブリッジよりも安定しているので、自分の歯と同じようにしっかり噛むことができます。発音や滑舌にも影響がありません。

見た目が自然

インプラントは天然の歯に近い色合いなので、自然で美しい口元に仕上がります。人目を気にすることなく会話を楽しむことができます。

デメリット

外科手術が必要

インプラントの場合は、顎の骨にインプラントを固定する外科手術が必要です。手術は麻酔を使用して行いますが、その際に腫れや痛み、出血、麻痺などを起こすリスクがあります。

治療に時間がかかる

インプラント治療は、顎の骨にインプラントを埋め込んだ後、骨としっかり結合するまでは被せ物をすることができません。そのため、治療には数ヶ月程度かかります。

治療後もメンテナンスが必要

インプラントの治療後、毎日の歯磨きや定期的なクリーニングなどのメンテナンスを行わないと、歯石やよごれがついて歯周病を引き起こすことがあります。また、インプラントの寿命が短くなることも考えられます。

治療ができない場合がある

糖尿病や高血圧などの全身疾患がある場合や、骨の状態が良くない場合など、インプラント治療ができない場合があります。

インプラント治療の流れ

診断、治療計画

1診断、治療計画

CTなどで歯や骨の状態を細かく確認して、それぞれの患者さまに合った治療計画を作成します。納得して治療を受けて頂けるよう、しっかり説明を行っています。

2インプラント埋め込み手術

顎の骨にインプラントを埋め込む手術を行います。
手術は局所麻酔を使用して行います。
目安の時間は30分から3時間程度ですが、埋入する本数や骨の状態によって異なります。

経過観察

3経過観察

手術後2~7日後に消毒を行い、10~20日後に抜歯を行います。
その後は、インプラントと骨がくっつくまで待ちます。
上顎の場合は4~6ヶ月、下顎の場合は2~3ヶ月が経過観察の目安です。

4人工歯(被せ物)の装着

上部構造の型取りを行い、それに合わせて人工歯を作製します。型取りの段階で実際に1~2週間過ごして頂き、噛み合わせなどの調整を行います。

メンテナンス

5メンテナンス

治療後はご自宅でのメンテナンスをお願いします。
加えて、口腔内チェックやクリーニングのために定期的な通院をおすすめしています。

インプラントのQ&A

Q インプラントはどのくらいもちますか?
A
適切なメンテナンスを続けていれば、インプラントは半永久的に使うことができます。ただし、メンテナンスが十分でない場合、周囲の歯が歯周病を引き起こし、骨がやせて歯がぐらついてしまうこともあります。インプラントの治療後も定期的なメンテナンスを受け続けることが大切です。
Q インプラント治療に年齢制限はありますか?
A
インプラント治療が可能なのは、一般的には顎の骨の成長が落ち着く16歳以上の方です。医学的な条件が満たされていれば、どなたでもインプラント治療を受けることができます。
Q インプラントの手術が不安です
A
手術は局所麻酔を使用して行いますので、手術中の痛みはありません。ただし、麻酔が切れてから痛みや腫れがでることはあります。極度の不安や恐怖を感じる方、長時間の手術になる方へは、鎮静法による麻酔を使用することもあります。手術に不安のある方は、事前にご相談ください。
Q インプラント手術には入院が必要ですか?
A
いいえ。インプラントの埋め込み手術は日帰りで行いますので、入院は必要ありません。手術時間は30分~3時間程度です。インプラントの埋入本数や骨の状態によって異なります。
Q インプラントの使用感はどのようなものですか
A
顎の骨にしっかりと固定するインプラントは、自分の歯と同じように噛むことができます。歯ごたえのあるものもしっかりと噛めるので、日々の食事を楽しむことができます。
Q インプラント治療の期間はどれくらいですか?
A
インプラントと骨がくっつくまでの期間は、上顎は4~6ヶ月、下顎は2~3ヶ月です。そこからインプラントの頭出しの処置や人工歯を入れるのに、およそ1ヶ月かかります。
Q インプラント治療にかかる費用はどのくらいですか?
A
インプラントの本数や種類、骨の状態などによって費用は異なります。まずはご相談ください。
Q 骨がやせていると言われましたが、インプラントは可能ですか?
A
当院では、CTを駆使して歯や骨の状態を細かく確認したうえで、それぞれの患者さまに合った治療計画をたてています。また、骨がやせている人向けの治療もご用意しています。ただし、程度にもよりますので、まずはご相談ください。

インプラントケース別治療法

単歯欠損(1本だけ抜けている)の場合

歯がなくなると両隣の歯は支えを失い、欠損した歯に向かって移動し始めます。ひとつ歯が移動すると、他の歯も移動することになり、結果的に全体の歯に影響します。1本だけ抜けた場合でも、すぐに治療することが大切です。

1本だけ抜けている場合は、失った部分のみインプラントを入れるのが一般的です。両隣の歯を削る必要がないので、負担をおさえることができます。

複数歯欠損(2~3本抜けている)の場合

歯を失うと、顎の骨が吸収もしくは収縮をし始めます。また、歯を失った部分に向かって、残りの歯は移動を始めます。そのまま放置しておくと、残りの歯に負担がかかり、さらなる歯の喪失につながる恐れもあります。

治療は、部分入れ歯やインプラントが適切です。ただし、残った歯と、歯のない歯茎で支える部分入れ歯の場合は、歯や歯茎に負担がかかることが考えられます。一方、インプラント治療の場合は、インプラントを支えとする固定式ブリッジなので、歯や歯茎に負担がかかりにくく安定します。

全歯欠損(総入れ歯など)の場合

全歯欠損(総入れ歯など)の場合

すべての歯を失ってしまった場合、歯を支える歯根も失うことになり、顎の骨が吸収・収縮を始めます。そのままにしておくと、顔の形状が変化することもあります。

全部の歯を失った場合、以前は総入れ歯が主流でした。しかし、歯のない歯茎で支えなければならない総入れ歯は、痛みを伴ったり、合わなかったり、しっかり噛めなかったりといった問題点もありました。

そこで、新たな治療法として「オールオン4」というインプラント治療があります。これは、4本のインプラントを埋め込み、その上に入れ歯を取りつける方法です。土台が安定しているので、しっかり噛むことができます。また、即日で埋め込みが可能なので、治療当日から軽い食事も可能です。

まずはお気軽に
当院へご連絡ください

診療時間
10:00-13:00
14:00-19:00